独立行政法人労働者健康安全機構 千葉労災看護専門学校
受験生の方へ 在校生の方へ 卒業生の方へ

ABOUT

〉〉 イベント&ニュース 〉〉 アクセス 〉〉 資料請求 〉〉 学校評価 〉〉 職員募集 〉〉 財務諸表 〉〉 調達関連情報

学校紹介

 

学校長挨拶


千葉労災看護専門学校 学校長 河野 陽一

 本学は、人間愛と生命に対する尊厳を基盤とした豊かな人間性を培い、勤労者医療に貢献できる看護の実践者の育成を目指して、看護教育に取り組んでおります。昭和49年(1974年)開校以来多くの卒業生を送り出し、卒業生は千葉ろうさい病院をはじめとした各地の労災病院ならびに地域の医療施設において、多くの医療者とともに質の高いチーム医療を担っています。
 少子高齢化が進むわが国において、医療への期待と必要性は益々高まっています。さらに医療の多様化にともない看護師の活躍の場も今までにない広がりをみせており、看護師には多くの可能性が開けていくでしょう。
 綺麗な校舎には設備が充実しているとともに、主要な実習施設である千葉ろうさい病院が隣接しており、優れた教授陣の基で高度の看護・医学の専門知識と技術を習得することができます。看護実践者を目指し、その夢の達成のために必要な知識・技術を主体的そして積極的に学ぶ学生を応援します。

沿革

昭和48年 (1973年)

労働福祉事業団における看護婦不足対策として千葉労災病院に高等看護学院敷設が決定

昭和49年 (1974年) 4月

第1回生38名を迎え、3年制の「千葉労災高等看護学院」として開校

昭和52年 (1977年) 4月

学校教育法改正により専修学校制度が設けられ、「千葉労災看護専門学校」と改称

平成16年 (2004年) 4月

国の行政改革の一環として、労働福祉事業団は独立行政法人労働者健康福祉機構へと移行

平成22年 (2010年) 12月

建物等の老朽化の解消、学校設備の向上を図り、魅力ある学校とするべく、平成21年からの校舎及び
学生宿舎の建替え工事が竣工

平成28年 (2016年) 4月

国の事業見直しの一環として、独立行政法人労働者健康安全機構への移行

ページトップへ戻る